千年風土の豊饒の地

信越自然郷

<  トップページへ  >

SCROLL
SCROLL

千年風土の豊饒の地 信越自然郷

豊かな水脈と山系が育む肥沃の地に、
縄文人が定着し初めて以来、ここに創り上げられてきたものは、
自然と寄り添う多彩な生活文化でした。
豪雪や厳しい寒暖差があるからこそもたらされた、
信越の誇り高き財産です。

これをかけがえのない資源として、広く世に知らしめるため、
「信越自然郷」構想が誕生しました。

里の恵み、水の恵、森の恵み、山の恵み、雪の恵み…… 
そんなたくさんの恵みが、人心の恵みを生みます。
そこから生み出されるのは、「幸せ」という実感です。

ここを旅する人々、ここに暮らす人々にしか享受できない幸せ。
千年の風土がもたらした豊穣を、今、ここから世界へ発信します。

豪雪によって守られてきた自然生態系。

名にしおう豪雪地帯、
だからこそ豊かな実りと文化が花咲きます。
スノースポーツ、ウィンターリゾートでは、
日本における嚆矢として栄えてきました。
そしてあらたなツーリズムの流れの先頭を行く試みが、
信越自然郷構想です。

アクティビティーやリゾートの資源のみならず、
豊富な雪融け水が環流し野を潤して、
実りとして私たちに届くように、
豊穣のリーインカーネーションがここに完結します。

人々が忘れかけたいのち湧く豊かさが、今もなおこの地に息づいている。

信越自然郷を代表する山岳地帯が、信越五岳。
古くは信仰、近年はチャレンジの対象として
人々を見下ろしてきました。
千曲川の西にも、山々が峰を連ねて私たちを待っています。

ピークを極める感動、高原に遊ぶ愉楽、
美しい稜線を観賞する喜び。

山国であることが、
信越を自然郷たらしめていることに間違いはありません。

>

人々が忘れかけたいのち湧く豊かさが、今もなおこの地に息づいている。

信越自然郷を代表する山岳地帯が、信越五岳。
古くは信仰、近年はチャレンジの対象として
人々を見下ろしてきました。
千曲川の西にも、山々が峰を連ねて私たちを待っています。

ピークを極める感動、高原に遊ぶ愉楽、
美しい稜線を観賞する喜び。

山国であることが、
信越を自然郷たらしめていることに間違いはありません。

豊かな水脈に囲まれた豊饒な風土は、私達の命の源。

流域の肥沃さを育む、日本一の千曲川。
流れこむ支流、無数の沢もあります。
それらはブナ林が蓄え、時をかけて浄化された湧水や、
雪解けの露。

そして湖面に太古の記憶を映す野尻湖。
人間を含む生き物たちに癒しを与えてきた温泉。

実は、このエリア全域は大きな水瓶のような
役割を果たしています。
こんこんと湧き出している水は、命の源でもあるのです。

千年風土に今も息づく生活の知恵と伝統文化

古来より自然と人間界の端境にあり、
人が手を入れその恵みを得てきた場所。
佳き日本の原風景が、そこかしこに残されています。
自然と人間を愛でた一茶の俳諧、
唱歌『故郷』『朧月夜』の郷愁、

そして、数え切れないほどの特産物。
収穫期、農の神へ盛大な感謝を捧げるとき、
里の恵みは、人々の幸に変わります。